デリケートゾーンの黒ずみをキレイにしたい!

 

デリケートゾーンの黒ずみやにおいが気になっているという人は多いものです。しかし黒ずみやにおいが発生したり悪化することは、日ごろから正しいケアをしていくことで、予防したり軽減させることができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策品おすすめランキング


 

デリケートゾーン黒ずみ1位

デリケートゾーン 黒ずみ2位

デリケートゾーン 黒ずみ3位

公式サイト

保証 28日間返金保証 90日間返金保証 120日間返金保証
商品名 薬用イビサクリーム ホスピピュア VL WHITE
人気

デリケートゾーン黒ずみ評判

タイプ クリームタイプ クリームタイプ 美容液タイプ
特徴 デリケートゾーンの黒ずみ専用

無添加・低刺激
日本製
医薬部外品
美白効果
保湿・殺菌・抗菌効果
プライバシー保護梱包
朝晩1回塗るだけ

湘南美容外科が本気で共同開発

使い切れるエアレスポンプタイプ
無添加(香料・着色剤・アルコール・シリコンフリー)
朝晩1回塗るだけ
プライバシー保護梱包

医薬部外品

無添加
業界唯一リポソーム化薬用美白美容液
黒ずみ解消
保湿OK
美容液効果
低刺激

推奨部位 デリケートゾーン・バストトップ・わき・ビキニライン・ひざ・くるぶしなど

乳首・乳輪・わき・ひじ・Vラインなどのデリケートなところなど

ビキニライン・デリケートゾーン・おしり・わき・股ずれ・ヒジ・ヒザ・くるぶし・乳首など
内容量
1ヵ月分
35g 30ml
定期購入割
1ヶあたり
4,470円
【送料無料】
5,500円
【送料無料】
4,390円
【送料無料】
  デリケートゾーン 黒ずみ デリケートゾーン 黒ずみ デリケートゾーン 黒ずみ

 

 

デリケートゾーンの洗い方

 

デリケートゾーンは清潔を保ちたいという意識を強く持つ人が多く、つい入念にごしごしと洗ってしまう人も多いでしょう。しかしデリケートゾーンの粘膜の黒ずみが気になるからと言って、粘膜部分まで洗い過ぎてしまうことは、あまりよくありません。デリケートゾーンに存在する菌の中には、肌のバリア機能の役割をする菌も存在します。洗いすぎることで、このような必要な菌まで落としてしまい、においがきつくなる原因にもなってしまいます。

 

また洗い方による摩擦や肌への刺激が、黒ずみを招くことも考えられます。必要な場所に菌がいなくなることで、デリケートゾーンの粘膜の部分の免疫力が落ちてしまい、反対に雑菌が繁殖しやすくなり、性病になるリスクも高まってしまうのです。

 

また妊娠や出産を機にデリケートゾーンが真っ黒になってしまったという人も多いでしょう。これは母体が出産に備えて肌を守るためにメラニンの生成が活発化することによるものです。産後は元の状態に戻り、黒ずみは徐々に薄くなっていくといわれますが、デリケートゾーンは出産時に多くのダメージを受けるため、軽度の色素沈着が残るといえるでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するための正しい洗い方としては、とにかく刺激を与えないということが大切です。弱酸性の石鹸を使用し、泡立てネットで十分に泡立て、まずはデリケートゾーンに泡をおいて2分以内を目安に洗浄しましょう。生理の時などはにおいが気になり念入りに洗いたいと思うかもしれませんが、泡を押すように洗うだけで洗浄力は高まります。最後にぬるま湯で優しく洗い流すことで、黒ずみ対策とともに健康な肌を保つことができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

 

顔やワキなど、皮膚が薄いところや、スキンケアや脱毛などで刺激を受けやすい部分は、メラニンによってシミや黒ずみができやすくなってしまいます。

 

デリケートゾーンも角質層が薄く、下着やナプキンなどの摩擦や脱毛によって刺激を受けることが多いため、黒ずみやすい部分です。「性的な経験が多い人は黒ずんでいる」といった誤ったうわさもあり、デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性は多いです。

 

デリケートゾーンやデリケートゾーン周りで黒ずみが発生しやすいのが、「大陰唇」「小陰唇」「お尻」です。中でも「小陰唇」の黒ずみに悩む女性が多いです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、顔にできるシミと同じようにメラニンです。加齢やホルモンバランスの変化によってメラニンが沈着するようになると、黒ずみが目立ちます。

 

また、加齢やホルモンといった原因以外に考えられるのが、下着による摩擦や炎症による皮膚へのダメージです。化学繊維を使った下着や身体に密着するジーンズなどを控え、摩擦による刺激を避けましょう。

 

また、ナプキンによるかぶれや炎症が起こらないよう、陰部を清潔にすることを心がけましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

 

美容皮膚科などのクリニックでは、メラニンの合成を抑えるハイドロキノンやレチノイン酸配合クリームを処方してくれるので、これらを塗って美白ケアするのがオススメです。

 

また、クリニックでケミカルピーリングをするという方法もあります。ピーリングは黒ずみだけでなく、皮膚のざらつきも取り除き、すべすべの肌に近づくことができます。

 

さらに、速効性のあるケアを求めるなら、小陰唇の手術をする方法もあります。比較的短時間で黒ずみ部分を切除する手術ができ、小陰唇を小さくすることで摩擦による刺激を低下させる効果もあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみはある程度自然に起こることなので、あまり神経質になる必要はありませんが、気になって仕方ないようであれば、ドクターに相談しましょう。

 

 

なんでデリケートゾーンは黒ずんでしまうの?

 

それでは黒ずみの原因についてご説明します。

 

自己流のケアが実は逆効果なんです

 

キレイにするためにしている自己流のお手入れやケアが、実は逆に肌にダメージを与えてしまっているのです。
カミソリで剃ったり、肌に合わないクリームやボディソープのせいで起こる肌トラブル、ゴシゴシ洗ってしまっていてそれが刺激となってメラニンが発生し、 黒ずみの原因となる色素沈着が発生しやすくなってしまうのです。

 

フラッシュ脱毛によりメラニン色素が反応してしまった

 

レーザー脱毛やクリニックやサロンでのフラッシュ(光)脱毛は火傷を引き起こしてしまい、黒ずみの大きな原因にもなりかねません。
また、脱毛をした後の肌はとても乾燥しやすく、刺激にも敏感であるため適切なお手入れが必要です。そのためお手入れを怠ると黒ずみの原因につながったり、脱毛サロンに通ったのに、逆に色素沈着が進んでしまった…という例もあるのです。

 

下着の締め付けや摩擦やムレ

 

下着で締め付けるのは肌トラブルの原因になります。また、ナプキンやトイレットペーパーやおりものシートなどによる摩擦やかぶれ、下着と肌との摩擦によりメラニン色素が沈着して黒ずみの元になるのです。

 

年齢によるターンオーバーや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れ

 

食生活の乱れや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、年齢などにより肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れてしまい、その結果、古い角質が排出されなくなってしまい残り、 黒ずみの元になってしまうのです。 また、肌が乾燥したり、硬くなったりなどの状態も引き起こしてしまい、角質が厚くなって「ブツブツ」の元にもなるのです。

 

つまり、黒ずんでいるというのは、肌がダメージを受けた状態のことで、メラニンが異常発生しているという状態なのです。

 

だから、メラニンの生成を抑えつつ、潤いのある成分をたくさん与えてあげて、肌を整えてあげることがとても大切となってくるのです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームの選び方

 

では、実際にデリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームはどのように選べばよいのかをまとめてみました。

 

医薬部外品や医薬品を選びましょう

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるクリームを選ぶときは必ず「医薬部外品」または「医薬品」と書かれている商品を選びましょう。

 

これは薬事法によって定められている分類となっていて、大まかに考えると防止や治療に対する有効成分がきちんと含まれるものが医薬品や医薬部外品と呼ばれていて、それらよりも成分量が少なく防止や治療の効果とまでは美白の効果が見込めないものが化粧品と呼ばれています。
例えば美白のケアの対策に使われているトラネキサム酸が配合されているクリームは多くのメーカーから発売されていますが、医薬部外品と表記があるものだと、黒ずみの原因であるメラニンの合成が抑えられる量が調合されていることが分かります。

 

通販で購入するべき?薬局に行って購入するべき?

 

薬局で売っているものは金額も購入しやすいという代わりに効果や効能が少ないというのも事実です。
その一方で、通販で売られているものは多少高額ですが、きちんとした成分が調合されているというものが多いので、通販がおすすめなのです。

 

ただ、自分に合うか合わないかの問題もあるので、試しに薬局で売っているものを試してみるというのも良いと思います。

 

通販の場合、返金保証があるものばかりなので、そういうものを選べば自分には効果がなかった場合、リスクがなく安心して試すことができます。

 

いずれにせよキャッシュバックや口コミサイトでの評価だけに釣られることなく、美白有効成分ハイドロキノンやビタミンC誘導体入りのものなどの成分、自分の肌に合うかどうかなどをきちんと比較した上で、総合的に選ぶようにしましょう。
また、これらの美白成分だけでなく、なぜ効果や効能があるのかをしっかりと説明している公式ホームページなどもあるので、そういったデータも参考にしてみてください。